生命保険の選び方について

生命保険のことを詳しくない方というのは少なく無いと思います。

 

私が保険外交員をやっていた頃、雑誌を買って勉強した方も見たことがあります。

 

「あなたの言ってた保険はいいわね。加入することにするわ」とも言ってもらえました。

 

その後大手生命保険会社のコールセンターに勤め、内勤の仕事もしました。

 

保険の大切さは解っていますし、自分にどのような保険が必要なのかも自分で決められます。

 

いわゆる、家族構成や出せる保険料の範囲、どんな保険がいいのか解らない、と言う情報を持って無料保険相談の窓口を訪ねるのが一番だと思います。

 

もちろん、身内や知人に保険に詳しい方や保険屋さんがいるのであれば、そういった方に相談するのも良いでしょう。

 

私の例をあげますと、シングルマザー・子どもは成人。

 

自分の保険は医療保険単体・死亡保険単体・ガン保険単体・共済で死亡保障と医療保障に加入中です。

 

子どもには医療保険単体・三大疾病プラス女性特有の病気の場合に保険金が降りるタイプの保険に加入。

 

なぜ、どれもが単体で加入しているのか?と言うと、もし保険料が払えない状態になった時に大きな保険に特約として色々なものを付帯していた場合、本体の保険金額を下げると、特約部分も小さなものになってしまうのです。

 

なので私はすべてが単体で加入しています。

 

初めての生命保険で失敗しないコツ - NAVER まとめ

 

子どもも成人していますし、この先私が亡くなってもお墓や仏壇等必要ないと考えています。

 

お寺さん等のお世話になるつもりもありません。

 

なのでもし今後保険料が払えなくなったら、一番に削るのは死亡保険単体になります

 

入院などは今後年を重ねれば考えられるので給付金額は¥13000¥-にしています。

 

私の中では「最低¥10000-」なのです。

 

もちろん子どもの医療保険も¥10000-にしています。

 

ガンに罹患した私が罹患から8年経ちやっと入れる保険ができたのですぐにガン保険に加入しました。

 

何が必要か?ご自身でも勉強されるとFPさんに相談するときも理解しやすいと思います。

 

相談しやすい生命保険はコチラ⇒http://life-smile.net/